仲良し夫婦の家計簿

夫婦2人暮らし。店長をやったり、けん玉をやったり、お出掛けをしたりするアクティブな毎日。

『服を減らしてたどり着いた大人のミニマリストスタイル』を読んで、服を減らしてもお洒落に見えない私がすべき2つの事

私は、服の断捨離をほぼ済ませており、(というか元からあまり持っていなかった)全私服が24枚なのですが、お洒落とは良いがたく、今回読んだ「服を減らしてたどり着いた大人のミニマリストスタイル』から、少ない服でお洒落に見えるように私がすべき事を2つ考えてみました。

 

服を減らしてたどり着いた大人のミニマリストスタイル (ていねいに暮らす)

服を減らしてたどり着いた大人のミニマリストスタイル (ていねいに暮らす)

 

 

 

女性受けか男性受けかを決める

旦那と一緒に「大人のミニマリストスタイル」を読んだときに、「これ可愛い!」というコーディネートの意見がことごとく分かれるのです。

 

服を減らしても、私の服がイマイチだったのは女性受けでいくか男性受けでいくか中途半端だったのも理由の一つです。特に少ない服で女性男性、どちらも受けようとするとどちらにも受けないワードローブの出来上がりです。二兎を追う者は一兎をも得ずと言いましょうか(笑)

 

私は、私服を着るのは休みの日だけで、旦那と出掛ける服がメインになるので、旦那の好きそうな男性受けの服へ徐々に替えていくのも良いかなと思っています。

といっても、暗い色をなるべく避ける、子供っぽい服を着ない、太いシルエットの服を着ないという事を守ればいいくらいなのですが。

 

 

手持ちの服で本に載れるか考える

もし、自分が本に載ると妄想した時に(妄想だけなら自由なので)今の手持ちの服で、本に載れるかというと、「この服はマズイ!!」と慌てて買いなおすであろう服がいくつかあります。

それは、ここ1年くらいの間に買った安いリサイクルショップの服ではなく、昔買った割と高い服で、すでにデザインも飽きたしそんなに気に入ってないのだけれども、まだ着れるから惰性で着ている服が私の場合、該当します。

 

そういう服を手放して(リサイクルショップで売って)、自分の納得する服にアップデートしていくと、徐々に納得のいくワードローブが出来上がると思います。

 

これは服だけじゃなく、持ち物全般に言える事で、私は貧乏性なので、ボロでも平気で使うのですが「はたして、この持ち物は本で紹介出来るのか」という思考で、私物を見ると清潔感の無い物は、処分しようという気になりますね・・・。

 

私の服達全24枚

f:id:fuufu2:20160601222041p:plain

枚数は増やさずに、あれこれ入れ替えをしていく予定です。自信を持って、全ての服を紹介出来るようになった時が、自分のワードローブの完成だと考えます。

 

「大人のミニマリストスタイル」は、服を減らす事に躊躇している方、私のように服を減らしてもお洒落に見えないと悩んでいる方にもおすすめです。

 

私のワードローブが出来上がるまで、何度も読み直したい本です(*^-^*)