仲良し夫婦の家計簿

夫婦2人暮らし。店長をやったり、けん玉をやったり、お出掛けをしたりするアクティブな毎日。

自虐ネタと誰かの言葉で自己肯定する事をやめる。言葉は自分の気持ちを正直に表したい。

「○○さん、随分オバサンになったなぁ~(笑)」

 

1年前くらいに、以前働いていた店で、おじさんのお客さんから言われました。

 

「え!!失礼なっ」

と笑顔で返しましたが、内心、かなりムカついてましたよね・・・。オジサンも、冗談を言って女性と絡みたかっただけと分かっているんですけど。私、根に持つタイプだから、今でも根に持ってますw

 

自虐ネタは、周り巡って返ってくるのかも!?

 

よく考えたら、私も職場の20代女子に「もう年だからさぁ・・・。」とか冗談で言ってる気がします。

 

他人のふとした、悪気がない言葉に傷付く事がありますが、良く考えると自分が自分にどこかで言った自虐ネタだったりしますよね。

 

自分は自分に言って良いのに、他人が言うとショックを受けて、根に持つなんて、なんか違うなぁと思いました。誰かに言われて嫌な言葉は、今後は自分にも言いません!!

 

 

誰かの口を使って自己肯定しようとするのも止める

高校生の頃の部活動の話です。

先生から大役を任された後輩が、「やりたくない!!」と言っていたので、私と友人が「大変そうだから、先生に言ってあげようか」と助言したら、後輩に泣かれました。

 

その後輩は、本当は大役を任された事を喜んでいて、私達に「○○さんなら出来るよ!頑張って!!」と言ってもらいたかったのに、若かった為に、その心情を理解出来ずに、見当違いな助言をしていたのでした。

 

大人になった今でも、こういう事は、日常にあふれており、私自身も誰かに自分を肯定してもらいたくて、自信のない振りをする事があります。

 

 

日本人の良いところで、奥ゆかしさとか、本音と建て前を使い分ける文化がありますが、それがエスカレートして、自虐ネタを言ったり、誰かの言葉を自己肯定の手段のように駆け引きするよりも、もっと自分の気持ちに正直な言葉を発していきたいと思います。

 

 

 

 

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

本文とは関係ありません。

 

先日書いたこちらの記事

 

fuufu2.hatenablog.com

 読み返したら、配慮に欠ける文章だと思う部分があったので、一部削除しました。(特にSNS上で誰かに何かを言われた訳ではありませんが)

 

削除した部分についてのコメントを下さった方々、申し訳ありません<(_ _)>