読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲良し夫婦の家計簿

シンプルライフ、お金、旅行、結婚観、生き方について。読んで楽しく、心にちょっとだけ残る文章を。

早寝早起き生活を始めました。早く寝る為のコツ

1週間前から、夜の22時半には寝る生活を始めました。昨日はさらに早く、21時半に寝ました。

 

そして、朝の5時代から起きています。

 

 

 

あなたの人生を変える睡眠の法則

あなたの人生を変える睡眠の法則

 

( この本読みたい!!)

 

なぜ早寝早起き生活をしようと思ったかというと、睡眠不足解消の為です。今までは24時半に日付が変わってから寝ていたのですが、年のせいか外が明るくなってくると目が覚めてしまうのです

5時頃に目が覚めてしまって、2度寝もあまり出来ずに、5時間半睡眠のまま仕事に行き昼間は眠気と戦うような生活をしていました。

 

朝の7時まで寝れるようにアイマスクでも買おうかと思ったのですが、もっと早く暗い内に寝れば5時に起きても睡眠不足にならないじゃん!と当たり前の事に気付きました。

 

早寝早起き生活が上手くいき出したので、私がやっている早く寝るコツを書いておきます。

 

早起きから始める

いきなり早く寝ようと思っても寝れないので、早寝→早起きではなく、早起き→早寝の図式に切り替えます。早く起きれば、自然と早寝出来ます。

 

スマホを寝る1時間前には見ない

今までは、ツイッターのタイムラインや購読しているブログなどを、寝る直前までみていました。

スマホの光は覚醒効果があるそうなので、出来れば20時以降、最低でも21時半以降は、スマホをおやすみモードにして見ないようにしました。

ツイッターはもともとあまり呟かず、ブログのコメントを流したり、返信に使っていただけなので、タイムラインを随時チェックするのを夜以外もやめました。

 

寝る30分前には布団へいく

激しい、プランクチャレンジなどはやめにして、ストレッチをしています。今は、ブリッジを毎晩やっています。体がリセットされて気持ちが良いです。

あと、kindlePaperwhiteで読書をしています。無料でダウンロードした「吾輩は猫である」を読んでいますが、2.3ページで眠くなります(笑)

 

朝のうちに、すべき事を済ませておく

家事といっても夕飯の下ごしらえくらいです。職場まで5分と近いので、5時半に起きれば家を出る9時50分まで、3時間以上の時間があります。この時間にブログを書ければ書きます。

そうすれば、18時過ぎや20時過ぎに帰ってきても、支度が朝に済んでいるので早く布団にいけます。

 

あとは、日中にエネルギーを使い切るくらい働く事ですかね・・・。寝つきは良いのですが早く寝るようになっても、夜中に2,3度目が覚めるので、朝までぐっすり寝れるようにまだまだ研究中です。