仲良し夫婦の家計簿

シンプルライフ、お金、旅行、結婚観、生き方について。読んで楽しく、心にちょっとだけ残る文章を。

強欲な女は、結局普通の女にしかなれない

先週、風邪をひいてしまいました。(今年に入って2回目!!免疫力が弱ってるのかも。)

ゴロゴロしているのも暇なので、布団の中でAmazonプライムビデオの『東京女子図鑑』というドラマを観ていました。

 

 

 

20代~40代の綾という女性の東京での半生を描いた作品です。

綾は「人から羨ましがられる人生を送りたい」と上京し、恋愛や住む場所をどんどんグレードアップさせていきます。

以下、ドラマ感想を含めて、私が考える女性の生き方について。

・ 目次

 

他人軸で生き方を決めると迷走する

 

「恵比寿ガーデンプレイスの奥座敷、ジョエルロブション30歳前にデートで行けたら良い女」

綾の思考や行動は、他人から羨ましがられる事が主軸なんです。

でも、これを主軸にすると苦しくなる一方。他人の尺度ほど、あやふやなものは無いから。

例えば20代の頃、上司から褒められる事、同僚を出し抜く為に頑張って成果を上げて褒められて来たのに、30歳くらになると上司も同僚も、結婚が女の幸せだという・・・。

他人の評価を気にすれば気にするほど迷走する訳ですよ。

綾のバイタリティーと行動力が、自分軸に向いていたら、何かを手に入れる事は容易かったはずです。

 

物事を達成するには選択と集中

 

ミニマリズムを意識して生活するようになってから、「選択と集中」という言葉を初めて知りました。

何かを手に入れる為には、何かを捨てる。お金も時間も有限である。

かく言う私も、何かを手に入れるには努力と手を伸ばす事が大切だと思っていて、捨てるという意識が芽生えたのはここ最近の事です。

 

やりがいのある仕事も家庭も、みんなから羨ましがられる生活もしたい!という綾のような女性の末路は、選択と集中が足りずに、良くも悪くも一般的な女性の生活をするケースが多いのでは。

 

自分を良く知る事

 

何をしている時が幸せなのか、何が好きなのかという事を知るのが一番大切で、その生活が出来るように行動する事。

夢なんてない、今が続けば良いと以前は言っていた私ですが、本当の望みや夢は「どうせ無理」とか「めんどくさい」と思っていただけなんですよね。

 

今現在、私って本当に普通の人だな~って思うし、普通でも良いじゃん、とも思います。

でも、もう少し抜き出る覚悟を持ちたいと、このドラマを観て思いました。

 

 

『東京女子図鑑』は、Amazonのプライムビデオで見られます。三軒茶屋、恵比寿、銀座、豊洲、代々木上原。いろんな町が出てきて興味深いです。ファッションも可愛い!!

 

 

関連記事

 

幸せと幸せそうに見える事は違う

 

fuufu2.hatenablog.com

 

 女性の年齢の重ね方について思う事

 

fuufu2.hatenablog.com