読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲良し夫婦の家計簿

シンプルライフ、お金、旅行、結婚観、生き方について。読んで楽しく、心にちょっとだけ残る文章を。

歌姫「あゆ」は何故歌い続けるのか

先日、テレビをつけたら音楽番組がやっており、久しぶりに浜崎あゆみさんが出ているのを見ました。

 

私の世代は特にあゆと同世代という事もあり、20代の頃はファンじゃなくても曲を聞いていました。

 

カラオケへ行くと、必ず歌う子がいましたしね(笑)

A BEST

ところが、先日テレビでみたあゆは随分変わっていました。

 

 

目次

 

苦しそうな歌声

 

その歌番組で、昔のヒット曲「TO BE」と「Ourselves」を歌っていたのですが、苦しそう!!!

高音が全然出ておらず、(昔の歌のイメージが・・・・。あゆ、頑張って!!)と思いました。そして、あゆの身体があまりにも豊満過ぎました。

 

旦那は「TO BEは大好きな曲なのに。聞いてられない。チャンネルを変えて欲しい。」と。

そこで、チャンネルを変えてしまいました。

 

昔の様に歌えなくても何故歌うの?

 

それから、あゆの事が気になってYouTubeで昔のコンサートとかPVの映像を色々と見ました。

 

やっぱり黄金期のあゆは凄いですね。可愛いし、歌も上手い。

 

今の声と全然違うのは、本人が一番良く分かっているはず。

それでも、歌い続ける理由は、自分以外の人の為なんだろうな、って思いました。

 

ファンや支えてくれる人達の為。片耳が聞こえなくなって声が以前のように出なくなっても、弱音を吐かずに口パクを使わずに歌う。

これって自分の為だけじゃ出来ない、誰かの為だからこそ、そこまで出来るんだろうなって。

 

バッシングは気にせず前を向く

この記事を書く為にあゆの情報をググっていたのですが、

「自分の劣化を認めたがらない。」ような事が書かれていました。

 

いや、でも全盛期の時からあゆの歌詞には「終焉」を暗示させるような歌も結構あった印象で、あんな繊細で深い歌詞を書ける人が、自分を客観的に見れない訳はないはず。

 

もう、そういうバッシングは全然気にせずに、自分の人生を歩いているんだなぁと感じました。

後悔の無いような人生を目指してるんですよね、きっと。

 

生き様で人を勇気づける

 

あゆを見て「イタい」という人はいるけれども、勇気づけられる人もたくさんいる訳で・・・。

声は出にくくなっても、他ではないあゆが歌うからこそ意味があるんだと。

 

一生働かなくても良いくらいのお金は、もう持ってるけど歌い続ける・・・。挑戦し続ける。

この2日間、あゆについていろいろ考えていたら、あゆの事が好きになってきました(笑)

 

そして、あゆの事を「イタい」と言って傍観だけして終わる人生にはなりたくないなと。

そんな事を考えています。