仲良し夫婦の家計簿

シンプルライフ、お金、旅行、結婚観、生き方について。読んで楽しく、心にちょっとだけ残る文章を。

今年の年賀状以外は、全捨て。過去に届いた年賀状をみて、来年の年賀状は気合を入れて書こうと思った。

日曜日に、年賀状のお年玉当選番号が発表され、全く何も当たってなかったので、静々と年賀状を片づける事にしました。

 

50枚来たので、1枚くらい切手シートでも当っていてもよさそうなのに・・・。

 

 これを機に、今年の年賀状以外は全て処分することにしました。

 

年賀状は、「今年もよろしく。」とか「○○さんにとって良い年になりますように。」とかの一言が書いてあるもの、印刷だけで何も手書きがないものとかがほとんどなのですが、中には読むのが楽しくなるような年賀状があり、(私も来年の年賀状は、気合を入れて書こう)とそれを読んで思いました。

 

今年の年賀状は、適当にやってしまったので・・。

f:id:fuufu2:20151219225808j:plain

これらの年賀状に「今年もよろしくおねがいします。」と書いた非常にさっぱりしたもの。

 

ラブレターを書くようにDMを書いてね

これは、以前勤めていたサロンで店長から言われた事です。

皆さんもいろんなお店からダイレクトメールが届くと思いますが、大体ありきたりな定型文で、心に響くものは少ないと思います。

 

DM(ダイレクトメール)は、けっこうな量なので、機械的な作業になりがちですが、それを言われた私は、なるべくお客様の事を思い出し、1人1人に合わせた内容の言葉を添えてDMを送りました。

結果DMの回収率がかなり高かったのです!!

やはり、心を込めたものは伝わるものがあるなぁと思いました。

 

少しでも、読んで楽しめる文を添える

来年は、年始から少しでも楽しい気持ちになるような、印象に残るようなそんな文を年賀状に添えられるようにしようと思います。

こんなに、ブログではつらつらと文章を書いているのに、滅多に会わない顔見知りの人達にそっけな過ぎました。

 

どうせ52円のお金をかけるならば、もっとちゃんと書くべきだったなと反省・・・。