読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仲良し夫婦の家計簿

シンプルライフ、お金、旅行、結婚観、生き方について。読んで楽しく、心にちょっとだけ残る文章を。

違う人と結婚していたら人生は違っていたのか。『ブルーもしくはブルー』の感想

結婚

なんだかドキッとするタイトルですが、本の感想です。

 

山本文緒さんの「ブルーもしくはブルー」を読みました。

 f:id:fuufu2:20160511125521j:image

この本のテーマはずばり「違う人と結婚していたら人生は違っていたのか」ということです。

1992年に出版された本で、主人公の蒼子という人物が29歳の設定なのですが、今の女性の33歳~35歳といった感じのイメージを持ちました。

 

蒼子は、2人の(正確には3人の)男性の間で揺れ動き、突然現れたドッペルゲンガーと入れ替わって、2つの結婚生活を体験するというお話です。

 

小説も面白かったがあとがきが素晴らしい

人生は選択の連続で、毎日のようにAかBかをえらばないとならないけど、結局どちらもそれほどの違いはないのかもしれません。どんな会社に就職しようと、誰と結婚しようと、しまいと、その人がその人であることには変わりないのだし。

 

 

誤解を恐れずにいうと、「誰と結婚しても同じ」だと私は思う

自分も相手も、完璧な人間などいないし、CMのような完璧な結婚生活なんてものは、存在しないです。

 

我が家は、仲が良く会話が多いですが、旦那は家事をほとんど手伝わない上に「コーヒー入れて。」「体が疲れた~。揉んで。」「耳かきして~。」と言ってくるので

「私は、お手伝いさんじゃないんですけど~!!もう少し手伝ってくれる旦那さんが良かった!!」としょっちゅう喧嘩寸前になります。

 

家に旦那がいると、話かけてきて騒がしいのですが(ブログを書いていても中断されるし)、寝てると大人しくて(当たり前か)無防備な寝顔を見てるとついつい「ふふっ」と笑ってしまいます。

 

旦那=でかい子供という文字が頭に浮かびます(笑)

 

まあ、寝顔を見て笑えるくらいなら、まだまだ私達夫婦は大丈夫だなと。

 

 

わがままな人間は大きらいだけど、わがままも言えないような人間はもっときらい

これもあとがきの、山本文緒さんの言葉です。

この本の登場人物全員、超自分勝手な人間なのですが、みんな自分が幸せになることに貪欲でもがいていて、人間臭くていいなと思ってしまいました。

 

私も、もう少しわがままになろう(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、書評にかこつけて『ノロけてどうする?!』