仲良し夫婦の家計簿

夫婦2人暮らし。店長をやったり、けん玉をやったり、お出掛けをしたりするアクティブな毎日。

体は全部知っている。変化を敏感に感じ取る大切さ。

今でこそ仕事が人に触れる仕事なので、風邪をひいた時は休みます。

 

ただ、元々私は医者嫌いですし、体も心も自分は丈夫だと思い込んでいるせいか、自分の体調を無視しがちな所がありまして・・・・。

 

体は全部知っている (文春文庫)

 

(私の大好きな吉本ばななさんの本)

 

そんな私に、施術したお客さんが興味深い話をしてくれました。

 

 

目次

 

 

身体の些細な変化で癌がみつかる

 

そのお客様の知り合いのKさんの話。

 

Kさんは自宅にマッサージ師さんを呼んで、施術を受けていたそうです。

そのKさんのむくんだ足を見て

「今日中に病院に行った方がいい!!」とマッサージ師さんは言いました。

Kさんは、(ただのむくみなのに大袈裟な・・・)と思いながら病院へ行ったら、なんと肺がんが見つかり脳に転移していたとのこと。

 

今は抗がん剤で治療中ですが、マッサージ師さんに命を救われたと言っていました。

 

さらにYさんの話

 

Yさんは、親指にウイルス性のイボが出来ました。

なにかピンときて、病院で診てもらったら、かなり初期の乳がんが見つかったそうです。

(親指のイボと乳がんの因果関係は医学的には不明)

 

ある日突然不調になる事はありえない

 

過去に、突発性難聴に片耳がなった事があります。(2週間くらい薬を飲んでいたら治りました)

 

その時は、仕事中に急に聞きづらくなったと思ったのですが、その前からなんらかの前兆がでていたのだと思います。

 

その前兆を無視した結果、ある日突然・・・。何てことが起こるのです。

 

若くして急に亡くなったという人も、きっとなんらかの前兆があったのだろうと。

 

大きな癌の様な病気でも、口内炎の様な小さな病でも。

 

体の変化を敏感に感じる

 

自分は何を食べたいのか、お腹が空いているのか空いていないのか。

今日は足がパンパンに張ってるから、マッサージしようとか。

眠いから無理せず寝ようとか。

 

薬を飲む以前に、そういう体の欲求や小さな変化に敏感になり、体の欲するが如く生きていく事が出来れば、きっともっと調子良く生きられるのではないかな。

 

只今、風邪ひき中の旦那も

「風邪をひくと、好きなコーヒーが飲めなくなる。体って凄いね!!」と柄にもないような事を言っていました。

 

もっと我がままに

 

こんな時に休めないとか、人に合せてこれを食べようとか、自分以外の誰かに合せてしまう事はよくあるけれども、

ホントに体がそれを欲してる??無理してない??と自分自身に問いかけていきたいです。

 

自分の身体は頂いた入れ物だと思って、大事にしていきたいですね。